住宅ローンの貸付条件

住宅ローンの貸付を申し込むときには、いくつかの金融機関の住宅ローン貸付条件をしっかりと確認して比較してください。
HOME > 住宅ローンの貸付条件

住宅ローンの貸付条件

金融機関によって、住宅ローンの貸付条件には差がありますので、十分に内容を比較することが大事になります。変動金利と、固定金利という2種類の金利があることが、住宅ローンの特徴といえます。

変動金利と、固定金利、それぞれのメリットとデメリットを理解しておくことが、ローン比較のコツです。同じ金融機関の住宅ローンを比較してみると、変動金利よりも固定金利の方が、高く設定されている場合が多いようです。金融機関同士を比較してみると、住宅金融支援機構の融資する固定金利は高めに設定されています。

その次に金利が高いところは財閥系の大手銀行の固定金利であり、ネット銀行や他の銀行が後に続きます。固定金利の特徴は、ローンの契約を結んだ時のままの金利で完済まで続けられることです。今は低金利なので、使う価値は十分にあります。変動金利の住宅ローンは、ネット系銀行や新設銀行は金利が低く、大手銀行はそれより高めです。

住宅金融支援機構には、変動金利はありません。長期間の固定金利が可能になっているなど、住宅金融支援機構でなければできない融資もありますので、一概に比較はできません。固定金利の場合は、設定した期間内の金利は変わりませんが、変動の場合は見直し時期の金利の動向により変化します。変動金利にすれば利用者もリスクを一部負いますが、固定金利ではリスク分は全て金融機関のものです。

住宅ローン融資を受ける時には、今現在の金利だけを単純に比較するのではなくて、将来的に金利が上がるのか、下がるのかという見通しも含めて考えなければいけません。

ラクダ
Copyright (C) 2014 住宅ローン All Rights Reserved.