200万の借金解決法は、なんといっても債務整理!

借金200万円を債務整理で速攻解決!

 

借金200万円を債務整理

 

あなたの借金を債務整理するにはどのようにことを進めていけばいいでしょう?

 

200万の借金額であれば、ほとんどの人は自己破産には至らず、任意整理、又は個人再生といった方法で借金解決が望めそうです。

 

返済苦しむ毎日から、一日も早く抜け出すためにも、まずはあなたには、どのような債務整理が適していて、どのようにその債務整理を行っていけばいいのかをちょっと探っていきましょう。

 

 

あなたに適している債務整理とは?

 

借金200万円を債務整理

 

あなたの200万の借金解決には、どのような債務整理が適しているでしょう?

 

ここでは、あなたの現況がわかりませんので、「あなたにはこの方法」と特定することはできませんが、以下でご説明する各債務整理の特徴や、メリットデメリットを参考に、あなたの現状をあてはめながらご自身で見当をつけてみてください。

 

もちろん、それ以外にも専門家が実際に検証しなくてはわからないこともあり、あなたの見立て通りとはいかないこともあります。債務整理を行う際には、前もって債務相談窓口で専門家のアドバイスを受ける事をお勧めします。

 

任意整理

借金200万円を債務整理

 

任意整理の特徴

任意整理は債務整理の中で一番多く行われている方法で、借り入れ元金の減額はなかなか見込めませんが、非常に簡易的に行えるため、200万前後の借金解決には適している方法といえるでしょう。

 

メリット

  • 利息を免除してもらえる
  • 裁判所を介さず行える
  • 提出書類が少ない
  • あなた自身が動くことはほとんどない
  • 家族にも秘密で行うことも可能
  • 保有財産は全て維持できる
  • 任意整理する借入先が選べる
    • デメリット

    • 大きな減額が見込めない
    • 3〜5年程度新たな借金ができない

     

    自己破産

    借金200万円を債務整理

     

    自己破産の特徴

    自己破産は、借金の返済が完全に不能と裁判所に認められて初めて確定します。確定すると借入金はすべてご破算にしてもらえ、借金返済の支払いはすべて免除されます。しかし、そのハードルは任意整理から比べるとかなり高く、また、手続きや手間もかかります。

     

    また、以下のメリットデメリットを見てもわかるように、デメリットの方がかなり多くなりますが、借金が全てなくなるというメリットからすると、そのデメリットの数はいたしかたないといえるでしょう。

     

    メリット

    • 借金が0になる

    デメリット

    • 裁判所への出頭がある
    • 住所氏名が官報に掲載される
    • 保有財産を一部失う場合がある
    • 5〜10年程度新たな借金ができない
    • 借金はすべて自己破産しなければならない

     

    個人再生

    借金200万円を債務整理

     

    個人再生の特徴

    個人再生は、任意整理と自己破産の間の要素を持った債務整理といえます。借金が0になるとは言えませんが、減額は1/5程度に及びます。しかしそれを行うには、任意整理より多くの内容をクリアしなければなりません。

     

    メリット

    • 大きな減額が見込める
    • ローン中の住居は手放さなくて済む

    デメリット

    • 裁判所への出頭がある
    • 住所氏名が官報に掲載される
    • 保有財産を一部失う場合がある
    • 5〜10年程度新たな借金ができない

     

    比較見当

    借金200万円を債務整理

     

    それぞれの債務整理を比べてみると、メリットが大きいものほどデメリットも多くなっています。そのため、債務整理の方法を決めるには、メリットの多さや大きさだけを見るのではなく、自分に適しているものを謙虚に探すことが必要です。

     

    また、細部にまでチェックを行うと、あなたができる債務整理はおのずと決まっても来ます。

     

    例えば、自己破産をしたくても、利息を免除してもらうことや減額をしてもらうことで、借金生活から立ち直れると裁判所が判断した場合には、自己破産は認められません。

     

    逆に、あなたがいくら任意整理を望んだとしても、利息を免除しただけでは、返済不能になってしまう恐れがある場合には、あなたが依頼した弁護士や司法書士から、個人再生や自己破産を進められるかもしれません。

     

    また、大きな減額が魅力の個人再生では、高額な車や、ローンの終わっている住居などは、あなたの財産としてみなされ、それを処分しなくてはならない場合があります。

     

    そのあたりの判断は、法的な知識を持っている専門家でなくてはなかなか下すのが難しいものです。

     

    そういったことからも、事前に債務相談を受けて、アドバイスをもらっておくことをお勧めします。

     

 

200万の借金を債務整理で返済可能か否か

 

借金200万円を債務整理

 

200万の借金を解決する方法を見つけ出す方法として、あなたの返済能力から割り出すという方法も一つの目安となるかもしれません。

 

というのも、返済能力がどの程度あるかがわかれば、それぞれの方法の中から、できるもの出来ないものがはっきりと見えてきます。

 

たとえば、あなたの現在の借入金額が200万だとして、以下のような返済額が割り出せます。

任意整理の最長5年で200万円の返済をする場合

 

200万÷60=約3万4千円

 

毎月の返済額は

約3万4千円

 

 

個人再生で100万に減額してもらい返済する場合

 

100万÷36=約2万8千円

 

毎月の返済額は

約2万8千円

 

以上計算から、あなたが毎月3万4千以上返済が可能なら、任意整理が行えます。また、その金額は難しいが、2万8千円なら支払えるという場合は、個人再生が可能です。

 

両方とも無理という場合には、自己破産することになります。

 

もちろん、このように単純に計算上だけでは決定はできませんので、あくまで目安として参考にしてください。

※計算参考数字
・任意整理の60回分割>>任意整理の返済期間は3年から5年なので、最長5年の60回払いを参考に計算しています。
・個人再生減額金額>>100万円以上500万円以下の場合には、一律100万まで減額されます。その返済期間は、基本的に3年(特別な事情が裁判所によって考慮された場合には最長5年まで)なので36回払いを参考に計算しています。